一棟売りマンションを購入するときには不動産会社との話し合いが大切

模型

重視したいポイント

外観

立地をまずは重視しよう

マンション投資には2つの方法があります。それは区分マンションを保有するか、一棟マンションを保有するかです。それぞれ特徴が異なっていますが、一棟マンションをおすすめします。いきなり一棟マンションを保有することは敷居が高いように感じます。しかし、区分マンションの保有と必要な知識は何ら変わらないため、一棟マンションを保有しましょう。大阪で一棟売りマンションを選ぶ際には、3つのポイントを重視するといいでしょう。まず重視したいのが立地です。人気沿線にある駅から徒歩10分以内であれば、入居者を確保しやすいメリットがあります。空室リスクを心配する必要がないほか、家賃下落リスクも軽減できます。また、不動産価格が大きく下落しないため、売却損リスクまで対応できます。

平成以降の建築がおすすめ

大阪で一棟売りマンションを選ぶ際の2つ目のポイントが、平成以降に建てられていることです。1981年には建築基準法が大幅に改正されています。それ以前に建てられたマンションは、耐震性に大きな不安を抱えています。また、昭和に建てられたマンションには、アスベストが使用されている場合もあります。どちらもメンテナンス費用が高くなるため、避けることをおすすめします。大阪では一棟売りマンションを選ぶ際の3つ目のポイントが、豊富なキャッシュフローを生み出せるかです。空室があっても余裕を持ってローンを返済できるほどのキャッシュフローがあれば、何らリスクを恐れる必要がありません。購入前にキャッシュフロー計算をし、安定したマンション投資を行いたいものです。立地と建築年月日、キャッシュフローを重視し、大阪で一棟売りマンションを探しましょう。